認知症(痴呆症・ボケ)は、生活習慣病であり老化現象です。


長年の知的生活・精神状態により、脳の神経細胞が減少し、記憶力・思考力が低下し、認知症になります。


認知症の主な原因は、脳卒中とアルツハイマー病。

脳卒中は、 脳血管が破れて出血したり、血管に血栓がつまり、脳組織へ十分な血液を届けられなくなるために起こります。

また、アルツハイマー病は脳の血流低下が主な原因です。


脳の血流低下を防ぐことは、認知症予防にもつながります。


私たちの脳の血流は加齢とともに低下します。

男女ともに70歳になると、脳の血流は15歳のときと比べ、30%以上減少するといわれています。

 

高齢になると認知症を発症しやすくなるのは、加齢によって血流が低下するからです。


ホルミシス(刺激)効果は、

全身の血流を改善し細胞を活性化、自律神経のバランスを整えます。

その結果、免疫力を高め、本来の自然治癒力を引き出し、さまざまな精神的、肉体的な不調を改善します。



  

旬(ときめき)亭のホルミシスルームで、ラドン浴&陶板浴を!  ラドン浴&陶板浴で、細胞活性、血液サラサラ、体温上昇!  ラドン浴&陶板浴で、血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。  ・血液がサラサラになって、血流がしっかりし、低体温から卒業です。 ・腸の活動がしっかりしてくるので、便秘なども解消します。 ・044-955-3061  tokimeki@terra.dti.ne.jp
 老化現象であり生活習慣病である症状を、予防・改善します!

   脳の血流増加で認知症を予防、改善


旬(ときめき)亭のホルミシスルームで、ラドン浴&陶板浴を!  ラドン浴&陶板浴で、細胞活性、血液サラサラ、体温上昇!  ラドン浴&陶板浴で、血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。  ・血液がサラサラになって、血流がしっかりし、低体温から卒業です。 ・腸の活動がしっかりしてくるので、便秘なども解消します。 ・044-955-3061  tokimeki@terra.dti.ne.jp

脳の血流量は、年齢とともに直線的に低下します。

 

女性も男性も、70歳になると、15歳のときに比べると、30%以上減少します。

 

*1989 Hagstadius & Risberg 調査

 

旬(ときめき)亭のホルミシスルームで、ラドン浴&陶板浴を!  ラドン浴&陶板浴で、細胞活性、血液サラサラ、体温上昇!  ラドン浴&陶板浴で、血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。  ・血液がサラサラになって、血流がしっかりし、低体温から卒業です。 ・腸の活動がしっかりしてくるので、便秘なども解消します。 ・044-955-3061  tokimeki@terra.dti.ne.jp

ほとんどの病気は、血の巡りを良くすれば、発症を防げるし、治すこともできます。

 

認知症においても脳の血流を増やすことで、予防するだけではなくて、認知症の進行を食い止めることができます。

旬(ときめき)亭のホルミシスルームで、ラドン浴&陶板浴を!  ラドン浴&陶板浴で、細胞活性、血液サラサラ、体温上昇!  ラドン浴&陶板浴で、血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。  ・血液がサラサラになって、血流がしっかりし、低体温から卒業です。 ・腸の活動がしっかりしてくるので、便秘なども解消します。 ・044-955-3061  tokimeki@terra.dti.ne.jp

旬(ときめき)亭の考える ガンに代表される生活習慣病への対処法
私たちは、身体を、細胞を活かしきるための知恵を、身につける機会に恵まれないままに年を重ねてきました。 なんとなく体質だからと片付けていた症状が、病の症状に変化する年頃になってきました。 そんな兆候を感じたときこそ、取り組まなければならない課題として”細胞を活かしきる”を設定し、日々の生活スタイルを見直すチャンスにしてください。

旬(ときめき)亭のホルミシスルームで、ラドン浴&陶板浴を!  ラドン浴&陶板浴で、細胞活性、血液サラサラ、体温上昇!  ラドン浴&陶板浴で、血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。  ・血液がサラサラになって、血流がしっかりし、低体温から卒業です。 ・腸の活動がしっかりしてくるので、便秘なども解消します。 ・044-955-3061  tokimeki@terra.dti.ne.jp

旬(ときめき)亭のホルミシスルームで、ラドン浴&陶板浴を!  ラドン浴&陶板浴で、細胞活性、血液サラサラ、体温上昇!  ラドン浴&陶板浴で、血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。  ・血液がサラサラになって、血流がしっかりし、低体温から卒業です。 ・腸の活動がしっかりしてくるので、便秘なども解消します。 ・044-955-3061  tokimeki@terra.dti.ne.jp

   ホルミシス効果で、脳の血流を増加



スーパー ラジウムマット

 

ラジウムセラミックス 3mm玉を贅沢に 3kg使用したスーパーラジウムマットは、低線量放射線[17μ sv/h]のホルミシス効果により、細胞活性、血流を改善、体温上昇により、免疫力を高めます。

血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。

 

スーパー ラジウムマット ラジウムセラミックス 3mm玉を贅沢に 3kg使用したスーパーラジウムマットは、低線量放射線[17μ sv/h]のホルミシス効果により、細胞活性、血流を改善、体温上昇により、免疫力を高めます。 血流を改善し、疲れ・汚れ・冷えている腸を活性化、細胞を活かしきりましょう。
スーパー ラジウムマット

高濃度ラドン発生装置 Beauty Terra
高濃度ラドン発生装置 Beauty Terra

37,000ベクレルのラドンガスが全身をくまなくいきわたり、ホルミシス効果を堪能できます。

ラジウム鉱石部は半永久的に使用できます。

ラドンガスは呼吸により血液に取り込まれて体内の隅々まで運ばれ、細胞を刺激して活性化させ、ホルミシス効果をもたらします。

 ・ラドンガス発生濃度 37,000ベクレル(Bq/㎥)



     老いた自分と仲良くつきあう


世界中で認知症の人が増えてきています。

自分が自分のことや家族のことを忘れていくことは、とても恐ろしいことです。国際医療福祉大学大学院教授の竹内孝仁医師は、特別養護老人ホームにて認知症の人たちとともに過ごし、介護に関わることで、認知症老人を大きく3つタイプに分類できることが分かりました。


それは、「葛藤型」「回帰型」「遊離型」の3つであり、いずれも「老い」や「障害」を受け入れられず、老いた自分と一緒にいられないことが特徴です。


1.老いた自分を認めたくない「葛藤型」


情緒不安定で、何かをきっかけに怒りをあらわにしたり、おびえたり、暴言を吐いたりするタイプで、中には暴力をふるう人もいます。

このタイプの人は、もとは礼儀正しく真面目で、高学歴であった人、先生をしていた人、役職についていた人に多いです。


老化や障害を持ったことで、仕事をバリバリやっていた時とかけ離れてしまい、まわりの役に立っていない、なんとか自分を取り戻したいともがいている、でも現実的に老化と障害は治せないので葛藤し、怒りをあらわにしてしまいます。 



2.過去に戻ってしまう「回帰型」


孫や若い介護士さんを小さかった頃の息子や娘と思いかわいがったり、仕事があるからと家を出たり、あるいは過去に住んでいた所まで歩いていこうとするなど、今を過去と思い、人生の中で最高だった頃に帰ろうと、徘徊を主な症状とするタイプです。


若い頃から働き者で人から頼りにされていた人がなりやすく、男性であれば家族を養うために働いていた頃、女性であれば育児をしていた頃に帰りたいと、今ではなく、働くことで生きがいを感じていた頃の自分に帰ろうとします。 



3.自分の世界に閉じこもる「遊離型」


おとなしくニコニコとしていたり、何も話さなかったり、何もしないでじっとしていたり、まわりに興味を示さなかったり、寝てしまったりします。

昼間は静かでも、夜になると大きな声で歌ったり、独り言をブツブツ言い出したりすることもあります。


おとなしく素直で、自己主張が少なく、親や配偶者への依存が強く、従順なタイプだった人が遊離型になりやすく、現実の老化や障害をもっている自分では何もできないと、あきらめを感じ、自分とまわりとの関係を遮断し、遊離してしまっているのです。 



今の自分と仲良くする生き方


3つの認知症のタイプは、いずれも老化によってもたらされる障害、例えば、物忘れがひどくなった、排泄(小便・大便)機能の低下、転んで骨折、配偶者の死、体力・筋力の衰え、足腰の痛みなど、様々な変化を悲観的に捉え、心が折れてしまっているのが特徴です。


老化は人として生きていく上で、自然な現象です。肉体的にピークな時は20代であることを思えば、30代から老化が始まっているのです。

それはある意味、人間は年を追うごとに障害がプラスされ生きていく生き物ともいえるでしょう。


30代から順に起こる老化を、あなたはどんな風に捉えているでしょうか。捉えてきたでしょうか。

体が冷える、体力が落ちる、白髪が出てくる、その度に悲観的に捉えていれば、老いれば老いるほどそれは強くなっていきます。


生きることは成長することだけでなく、老いることも重要な要素です。

元気な明るい高齢者の方たちは、老いても障害を持っても、そのことに前向きに取り組み解決しようとします。それは若い時からの特徴でもあります。


若い時から老化を自然なことと捉え、うまく付き合うということは、積極的な生き方に結びついているのです。 




     老いることはポジティブ


高齢者は孤独なのではなく、毅然としているのだ。無力なのではなく、おだやかなのだ。依存的なのではなく、親しみやすいのだ。外見に魅力がないのではなく、内面が深いのだ。そして、頭の回りが鈍いのではなく、思慮深いのだ。


老年になれば確かに「青春と活気」を必要とする若者の仕事からは引退しなければならないが、世の中には老人に適した多くの仕事がある。むしろ偉大な仕事は老人の「知恵や知識」によって成し遂げられるのである。


さらに、肉体的能力の衰えについては衰えをまったく否定するわけではなく、むしろ老年にふさわしい肉体的健康をポジティブに受け入れることが大切である。

自分がいま、青年の持つ体力を実際欲しがっていないのは、あたかも青年時代に雄牛や象の持っている体力を欲しがっていなかったのと同じである。自分が持っているものを使うと、またなにごとをなすにしても、自分の力にふさわしいことをなすのが正常なことだ。


老人は、失われた若者の体力を基準にして老年の非力を嘆くのではなく、現在の自分をあるがままに肯定すること、年輪によって育まれた知恵と見識を発揮することに現在を生きることの意義を見いだしうることが、もっとも大切なことだ。


日本の神道では、「老い」とは人が神に近づく状態です。神への最短距離にいる人間のことを「翁(おきな)」と呼びます。また7歳以下の子どもは「童」と呼ばれ、神の子とされます。つまり、人生の両端にあたる高齢者と子どもが神に近く、そのあいだが人間の時代となります。ですから神道では、神に近づく「老い」は価値を持っており、高齢者はいつでも尊敬される存在であるといえます。


かつて古代ギリシャの哲学者ソクラテスは「哲学とは、死の学びである」と言いました。

神に近づくことは死に近づくことであり、長寿祝いを重ねていくことによって、人は死を思い、死ぬ覚悟を固めていくことができます。もちろん、それは自殺などの問題とはまったく無縁な、ポジティブな「死」の覚悟です。


人は長寿祝いで「老い」を祝われるとき、祝ってくれる人々への感謝の心とともに、いずれ一個の生物として必ず死ぬという運命を受け入れる覚悟を持つ。また、翁となった自分は、死後、神となって愛する子孫たちを守っていくという覚悟を持つ。祝宴のなごやかな空気のなかで、高齢者にそういった覚悟を自然に与える力が、長寿祝いにはあるのです。その意味で、長寿祝いとは「生前葬」でもあります。


年齢を重ねるごとに知恵と見識を発揮し、尊敬される人間になり、神に近づいていく。この愉快な物語こそ、本当の「老いの神話」ではないでしょうか。